癒しスポットで阪神淡路大震災の記憶を巡る

マリーナ像

癒しスポットで阪神淡路大震災の記憶を巡る

神戸市役所の南、フラワーロードの西に広がる市民憩いの場。
阪神・淡路大震災は、1995年(平成7年)1月17日5時46分52秒に発生兵庫県を中心に大きな被害を受けた。特に神戸市市街地の被害は甚大で日本国内のみならず世界中に衝撃を与えた。
犠牲者は6,434人に達し東日本大震災が発生するまでは戦後最悪の自然災害であった。
「東遊園地」は歴史的には旧居留地の開設に伴い、外国人専用の運動公園として開設され、現在では毎年ルミナリエの会場として使われていることで有名である。

1.17希望の灯(あか)り

1.17希望の灯(あか)り
1.17希望の灯(あか)り


1995年1月17日午前5時46分 阪神・淡路大震災

震災が奪ったもの命 仕事 団欒 街並み 思い出

・・・たった1秒先が予見できない人間の限界・・・

震災が残してくれたもの やさしさ 思いやり 絆 仲間

この灯りは 奪われた すべてのいのちと

生き残った わたしたちの思いを むすびつなぐ


1.17希望の灯り 碑文

被災10市10町を巡って運んだ種火と47都道府県から寄せられた種火を一つにした灯りが灯されています。これが「生きている証」としてこれからも輝き続けるでしょう。

傾いたままのフェンス

約60cmの段差
約60cmの段差

東遊園地南側には、今も傾いたままのフェンスが残されている。この段差を見ると震災が如何に大きかったかがよくわかります。

傾いたままのフェンス
傾いたままのフェンス


「震度7の激震に見舞われ
大きく地盤が動いた。
地盤に生じた約60cmの段差によって高さにずれが生じたが復旧に当たってその被害の大きさを記憶にとどめる為にそのまま残した」


神戸市建設局設置プレート

マリーナ像

震災の記憶
震災の記憶
マリーナ像の時計
マリーナ像の時計

マリーナ像は東遊園地北側神戸市役所の前に設置されています。
午前5時46分に発生した阪神淡路大震災によってマリーナ像は倒れ時計が止まりました。
震災の記憶を永遠にとどめるために、この時計は、その時を示しているという。

まとめ

東遊園地には複数の震災モニュメントがある他、歴史的なモニュメントもたくさんあり、2.7ヘクタールの広大な土地が市民の憩いの場として提供されています。
地理的にも歴史的にも神戸の中心にある東遊園地を、モニュメントを巡りながら散策してみてはいかがでしょうか。

兵庫県神戸市中央区加納町6丁目

報告する

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。